サポート条件

ヘッジホッグは、マルチベンダー、オープン、安定、安全、自動化をサポートします。 SONiC ディストリビューションです。 当社のソフトウェア開発チームは、SONiCの機能を改善し、不具合を修正します。 SONiCをよりコンパクトに、より高性能に、より安全にすることで、様々な環境に導入できるようにします。 当社のSONiCソフトウェアファクトリは、特定のユースケース向けにSONiCコンテナを構築し、当社のKubernetesオープンファブリックオペレータは、これらのユースケース向けにSONiCの展開と設定をオーケストレーションしています。 当社のSONiCの貢献は100%のオープンソースであり、当社のHedgehogオープンネットワークファブリックも100%のオープンソースとなっています。 Hedgehog SONiCは、ヘッジホッグチームのサポートなしで、常に無料で使用できます。 Hedgehog SONiCオープンネットワークファブリック上で生産ワークロードを使用するお客様は、Hedgehogエンジニアリングチームから直接サポートを受けるためのサービスレベル契約を購入することをお勧めします。  

Hedgehog SONiCのダウンロードと使用には、以下のサイトからHedgehog Design Partnerとしてサインアップしてください。 https://githedgehog.com/download 

サービスレベルアグリーメント

ヘッジホッグSONiCサービス無料STANDARDアドバンスド
電話・チケットサポートいいえ24×524×7
初回レスポンスタイムSLA - Sev 1-4時間1時間
初回レスポンスタイムSLA - Sev 2-8営業時間2時間
初回レスポンスタイムSLA - Sev 3-12営業時間6時間
初回レスポンスタイムSLA - Sev 4-24営業時間12時間
SONiCの不具合修正-
ハードウェアベンダーとの調整 サイ 冶具-
温故知新-

含まれるもの

サービスレベル契約は、Hedgehog SONiC、Hedgehogオープンネットワークファブリック、Hedgehogファブリックデザイナーなど、Hedgehogが提供するすべてのソフトウェアとサービスを対象としています。 ソフトウェアは、以下を通じて入手できます。 https://githedgehog.comhttps://githedgehog.com/download で、ソースコードはGithubで公開されています。  

ヘッジホッグSONiCの特徴無料STANDARDアドバンスド
オープン - すべてのアップデートは、コミュニティ版に貢献します。
安定性 - デバイスリストのテストと認定
セキュア-レポート信頼性証明
ファブリックプラン - クラウドベースのファブリックデザイナーでデザインし公開する
インストールと配線 - ハリネズミのコントロールノード
Validate and Attest - プリブートイメージ
ファームウェアのアップデート 
Orchestrate - Hedgehog SONiCコンテナをファブリックのデバイスの役割に設定する。
コンテナイメージのダウンロード
ウォームブートイメージ
サービス開始
サービスの監視 - PrometheusとGrafanaを使って

定義

デバイス認証

Hedgehog SONiCは、認証されたデバイスのリストに対して、オープン、安定、安全であることが保証されています。 現在、Hedgehog SONiCのデバイス認証リストにないデバイスにHedgehog SONiCを展開したい場合は、Hedgehogにそのデバイスの認証を依頼することができます。 デバイス認証は、スイッチ、光トランシーバ、ケーブルの新しい組み合わせに必要です。 ヘッジホッグ社の認証済みデバイス一覧は以下をご参照ください。 https://githedgehog.com/devices をクリックして、お使いのデバイスが現在サポートされているかどうかを確認するか、新しいデバイスの認証をリクエストしてください。  

機能認証

Hedgehog SONiC is designed to create and manage open network fabrics for cloud native applications running on distributed cloud architectures.  Hyper-scalers like Microsoft Azure designed SONiC to support simple L3 BGP fabrics for cloud native applications.  Hedgehog tests, certifies and supports SONiC features that support leaf and spine switching roles in simple BGP fabrics for cloud native workloads. Please reference https://githedgehog.com/features は、私たちがテスト、認証、サポートする機能の一覧です。   

シリコンベンダー

SONiCとSAIは、業界で広く支持されています。ほとんどの主要なネットワークチップベンダは、自社の主要なASICでSAIをサポートしています。 ヘッジホッグは、SAIのサポートとデバイス認証のために、Broadcom、Cisco、Intel、Marvell、NVIDIAと提携しています。 ヘッジホッグは、顧客の要望に応じて、他のシリコンベンダーと提携することもあります。  

スイッチベンダー

ヘッジホッグは、Celestica、Cisco、Dell、Edgecore、NVIDIA、Wistronと提携して、スイッチのテスト、認証、サポートを行っています。 スイッチベンダーは、ヘッジホッグのサポートチームにハードウェアサポートとティア2のトラブルシューティングサポートを提供しています。  

ノード

Nodeとは、物理的な計算機やサーバーの単位です。Kubernetesのベアメタルワーカーノードであったり、仮想化スタックを搭載した物理サーバであったりします。 Hedgehog SONiCデータセンターでは、データセンターのファブリックはKubernetesクラスタとして制御されるため、物理サーバを接続するネットワークデバイスもノードとなります。 Hedgehog SONiCのNodeは、物理サーバ(baremetal、kubernetes、仮想化)、スイッチ、ルータ、スマートNICのいずれかになります。 各Nodeは、コントロールプレーンによって管理されます。Nodeは複数のPodを持つことができ、Kubernetesコントロールプレーンは、クラスタ内のNode間でPodのスケジューリングを自動的に処理します。コントロールプレーンの自動スケジューリングは、各Nodeで利用可能なリソースを考慮します。

オープンソース

オープンソースプロバイダから市販されている、または「ハード化リリース」とみなされるサードパーティソフトウェアで、ヘッジホッグが特定し、含む商業プロバイダによりテストされ提供されており、以下にあるヘッジホッグSONiCハードウェアおよびデバイス認証リストで認証されているもの。 https://githedgehog.com/devices. ヘッジホッグは、デバイス認証中に追加または変更されたすべてのコードをオープンソースコミュニティにコミットします。  

応答速度

お客様がサポートチケットを開いてから、ヘッジホッグサポートエンジニアが最初に応答し、現在作業中であることをお知らせするまでの時間です。

深刻度レベル

重要度1 

既存のネットワークや環境がダウンしている、またはお客様のビジネスオペレーションに重大な影響を及ぼしている場合。お客様とヘッジホッグの双方がフルタイムのリソースを投入し、事態の解決にあたります。

セベリティ2 

既存のネットワークまたは環境の運用が著しく低下している、または許容できないネットワークまたは環境のパフォーマンスにより、お客様の事業運営の重要な側面に悪影響が及んでいる場合。お客様とヘッジホッグの両者は、標準的な営業時間内にフルタイムのリソースを投入し、サービスを満足のいくレベルにまで回復させるものとします。

セベリティ3 

ネットワークまたは環境の運用性能が低下しているが、ほとんどのビジネスオペレーションは機能している。お客様とヘッジホッグの両者は、標準的な営業時間内にリソースを投入し、サービスを満足のいくレベルまで回復させることを望んでいます。

セベリティ4 

Hedgehog製品の機能、インストール、設定に関する情報が必要です。お客様の業務にほとんど影響を与えないこと。お客様とヘッジホッグの双方が、標準的な営業時間内にリソースを提供し、要求に応じて情報または支援を提供することを望んでいます。

ソフトウェアリリース

メンテナンスリリース 

メンテナンスフィックスを提供するインクリメンタルなソフトウェアリリースで、ソフトウェア機能の追加を提供する場合もあります。ヘッジホッグ社では、ソフトウェアのバージョン番号の10桁目または100桁目の右側の数字を変更したものをメンテナンスリリースと呼んでいます[x.x.(x) or x.x.x.(x)].

マイナーリリース 

メンテナンスフィックスやソフトウェア機能の追加を提供するソフトウェアのインクリメンタルリリース。ヘッジホッグ社では、ソフトウェアのバージョン番号の10桁目が変更されたものをマイナーリリースと呼んでいます[x.(x).x]。

メジャーリリース

ソフトウェアの機能を追加するリリースのこと。ヘッジホッグ社では、ソフトウェアのバージョン番号の1桁目が変更されたものをメジャーリリースと呼んでいます[(x).x.x].

標準営業時間

本サービスを実施するための営業日のお客様の現地時間午前9時から午後5時まで。営業日とは、本サービスが実施される国において一般に認められた週単位の営業日をいい、ヘッジホッグが定める現地祝祭日を除きます。

スイッチの抽象化インタフェース

SONiCは、標準化されたAPIを定義するSAI(Switch Abstraction Interface)上に構築されています。ネットワークハードウェアベンダーはこれを利用して、ASIC(特定用途向け集積回路)のプログラミングインターフェースを統一しながら、高速化を実現できる革新的なハードウェアプラットフォームを開発することができる。マイクロソフトは2015年にSAIをオープンソース化しました。このアプローチにより、事業者は、シリコン、CPU、電力、ポート密度、光学、速度などの急速な技術革新を利用しながら、複数のプラットフォームで統一された1つのソフトウェアソリューションへの投資を維持することができます。

温故知新

SONiCは、モノリシックなスイッチソフトウェアを複数のコンテナ化されたコンポーネントに分割する初のソリューションです。SONiC は、ダウンタイムなしにきめ細かな障害回復とインサービスアップグレードを可能にします。これは、オープンソースのキーバリューペアストアを活用してスイッチの状態に関するすべての要件を管理し、スイッチを目標状態に向けて駆動するサービスである Switch State Service (SWSS) と連携して実現されるものです。バグ修正のためにスイッチ・イメージ全体を置き換えるのではなく、データプレーンのダウンタイムなしに、BGP(Border Gateway Protocol)などのプロトコルを含む新しいコードで欠陥のあるコンテナをアップグレードすることができるようになったのです。この機能は、SONiC プラットフォームのサービス性とスケーラビリティの重要な要素です。